【30代40代男性必見】モテるスーツの着こなし術5選

こんにちは!Glamstyle編集部のBABIEです!

今回は30代40代男性向けに、【30代40代男性必見】モテるスーツの着こなし術5選をお届けいたします!
スーツは未だ女子人気が高い服装ですので恰好よく着こなしてモテたいですね!


 

30代、40代ともなると20代の頃と違って、スーツを着ることにも慣れている頃です。

冠婚葬祭やビジネス、プライベートでも着る機会も増えてきます。

またスーツの着こなしによってもその人の第一印象が変わってきますので様々なシーンに適した着こなしが大事です。

 

そこで、できる男をさらに演出してくれる30代、40代のスーツの着こなし術を5つ挙げていきます

ジャケットの着こなし

 

若い頃と違って体型に変化が出てくる年代です。

基本的なことですが、まず大事なことは自分の今の体型に合っているかを確認します。

ポイントとしてはジャケットのお腹まわりは拳がはいる位のゆとりを持ったものが理想です。

 

きつすぎず緩すぎずが一番自然な印象を与えられます。また着丈は、長すぎずお尻がぎりぎり隠れるくらいが今時のスタイルです。

ネクタイの着こなし

 

まずジャケットの襟の太さに合わせたネクタイの太さを選びます。

次にネクタイの剣先はベルトにちょうどかかるくらいの長さが一番スマートに見えますので長さに気をつけます。

 

そしてネクタイの結びですが、何種類かありますので自分の着ているシャツの襟形状に合わせた結び目にします。またネクタイを結ぶ際にできるディンプルというくぼみをつけて結ぶと立体的になります。

 

パンツの着こなし

 

パンツはまず、お腹周りのサイズに気をつけます。

きつすぎると着心地が非常に悪いですし、ゆるすぎるとベルトで締めたときにしわが出来てしまいます。

 

理想的なサイズは指1本分くらいの余裕があるサイズです。また裾を長くしすぎないようにすることもポイントです。最近主流の細身のパンツでは靴にかからないくらいがモテるスタイルです

色の着こなし

 

ネクタイ、ベルト、靴下、靴とそれぞれのアイテムの色の組み合わせは重要です。

まずベルト、靴、靴下は同色でそろえます。

 

ここがバラバラだと全体のまとまりがなくなってしまいます。後は与えたい印象で、全体の色をコーディネートします。モテる組み合わせは華やかなスーツにおとなしめのネクタイなど色にアクセントをつけることです。

柄の着こなし

 

柄付きのスーツはかっこよく着こなすとかっこいい大人を演出できます。

大きなチェックなどをあしらった柄は全体をおとなしめの色でまとめると非常におしゃれでセンス良く映ります。

 

爽やかさを演出したいときは淡いグレーのジャケット、パンツに寒色系のネクタイを組み合わせると良いです。

 
こうして自分の体にあったサイズに加え、シーンに適したコーディネートを行うことで、しっかりとした大人の印象を与えることができ、様々な組み合わせで自分らしさを演出しモテる着こなしが完成です。