男なら群れるな!-孤高で居よ!

こんにちは、Glamstyle編集長のKAORUです。今回は「男なら群れるな!-孤高で居よ!

」という事で、あくまで私の考えを投稿させて頂きます。


恋愛工学で有名かつ、ネット界でのカリスマ、サウザー氏が以下ツイートをしました。

 

サウザー‏ @Fist_of_Phoenix 4月10日

『友達多い=善』は、この日本国において宗教的な熱烈さで支持されている信仰の一種である。僕が『友達多い=無能』とか言うと、何じゃかんじゃ言いたいことがある人はたくさんいるに違いない。 友達が多い事が善き事と信じている人は、女性に対して潔癖なオレは素晴らしい、と思うキモオタに似てる。

 

サウザー‏ @Fist_of_Phoenix 4月10日
サウザーさんがナサニエルをリツイートしました

孤独を善きものと思う人間は、出会ってしまうと、どうしようもなく魅かれ合うもの。お互い孤独の世界で、自分の内なる何かを磨いた者どうし、同じ匂いを感じるからだ。才能ある孤独者どうしの出会いは一瞬。
それが真の友情と言うものでは無かろうか。君子の交わりは淡きこと水の如し。例外など無い。

これに関して私は賛成です。直感的にその通りだと思ったので、何でそう思ったのか自分なりに考えてみました。

※サウザー氏の意図していることと本投稿は異なる可能性もありますので、あくまで私の意見として捉えてくださいね。

 

私は基本的に、一人でランチに行きますし、会社内でよく行われる、〇〇飲み(同期飲みとか、住んでいるところ近い界隈での飲み会、部内での飲み会)に参加しないようにしています。

 

それはお酒が飲めないとかそういう事ではなく(お酒は大好きです)得るものがないからです。それに、結婚式、成人式、など〇〇式も苦手です。特に結婚式に関しては、何十人多いときは何百人の人間が参加するわけですが、その中の何%が心から行きたいと思って参加しているのでしょうか?恐らくほとんどの人間が面倒くさいな…と思い参加しているのだと思います。

 

なら、やらなきゃいいのにと思うのです。つまり本質的で無いことが苦手な訳です。

漫画カイジで以下のような描写がありましたが(コンビニバイトの時かな?)、

 

ダメだ

たまんねぇ

こういう雰囲気

つくづくダメだ

こいつらみたいに上手く取り入ることができない

結局どこへ行っても上司に疎まれて、ゴミ出しだの窓拭きだの、損な役回りを押し付けられる

始末が悪いのは、俺自身その方が心地良いって言うか、他人とヌルヌル関わって作り笑いするより、数段楽に感じるってことだ。

気が付きゃ変人扱い

毎度同じパターンの繰り返し

 

まさにこの心境で、ぬるぬるした人間関係がたまらなく苦手なのです。

言いたいことを本質的に言い合い、高め合える人間同士が少数で意見を交換し高め合う事が自身の成長に繋がると考えているからです。

 

カイジは変人レベルですが笑

要は同じくらい努力している人間とつるまないとパワーにならないどころか、つまらない人間といるとパワーが吸い取られて負のスパイラルに陥る気がするのです。つまらない風俗の話やら、会社の誰それが可愛いやら上司がどうだ、こうだとランチや飲み会で聞くたびに、うんざりしてくるし、気が吸い取られる

 

自分が高みを目指せば目指すほど、当然の事ながら同じくらい努力している人間の総数は減ってくるわけで、=沢山友達なんかできようがないという結論な訳です。その代り、価値観が合い、自分と同等、もしくは自分以上に努力している人間とは積極的に関わり高め合うべきだと考えます。

 

一方で、そういったぬるぬるした人間関係をこなしてこそ、大人という考えもあるかもしれません。ただ、その境地に達するのは40代後半~おじいさんになった段階でいいような気がしています。人間付き合いの境地に達したとき、ドラマ「深夜食堂」のマスターのような親父になれるのじゃないかと思うのです。

 

若いときは徹底的に、自分をストイックに追い込み、目標に向かって邁進し失敗を積み重ねて、成長していけばいいし、無駄に友達など作らず、自分と同等の価値観を持った人間とのみ関わり、切磋琢磨していけばよいのだと思っています。

 

そして、世の中で言われている価値観、ルール、倫理観が本当に正しいのか?自分はどう捉えるのか徹底的に考えるべきだと思います。

 

高校では部活で友達を作り、大学のサークルで遊んで、それなりの企業に入り、それなりに仕事して、どうでも良い仲間と海行ったり、山行ったりして、それなりに昇進して、結婚して、たまに風俗やらキャバクラやらに行き、年老いて死んでいく。

これはダメです。

 

 

私は職業柄、新卒の面接をすることが多いのですが、量産型の若者が大量に面接に来ます。

以下エントリーでも書きましたが、誰もが同じことをテンプレのように言ってきます。

 

【就活生必見】会社面接の必勝法

世界で一つだけの花という曲がありますが、誰もがオンリーワンという主張をしていますが、私はそうは思いません。(別にSMAPが嫌いな訳ではありません)ほとんどが量産型のテンプレ人間であり、個性は無いと思っています。(私もまだまだその中の一人なので努力しないといけません)

 

ここまで読んでいただいた方は、変わり者で居ろって事か?と思われるかもしれません。

ここが難しいところなのですが、あくまで表面上はある程度の普通を装う必要はあると思います、じゃないと、本気でエスポワールにのる羽目になります。

 

挨拶、上下関係、など基本の社会的な常識をこなし、女性に対し紳士であり、内なる自分の声に耳を傾けて、本当に自分がやりたいことは何なのか突き詰めていく必要があるのです。

飲み会は適当な理由をつけてかわしましょう笑

 

「本当は行きたいのだけど、どうしてもいけない用事があって…」とか適当に言っておけば大丈夫です。

 

その貴重なリソースで本を読んだり、ストリートに出てナンパしてみたり、筋トレしたりして自分を高めていけば良いのです。

そうしていくと、変に群れなくても、勝手に価値観が合う人間が寄ってきます。

 

何がやりたいのか、どうしていいのかわからない。ならずっと一人で悩みましょう。思考停止したらダメです。

 

男なら群れるな!-孤高で居よ!それが美しいと思うのです。

 

本エントリーはあくまで私の考えなので、どう捉えるかは皆さま次第だと思います。

成長できるように孤高にありながらお互い高め合っていきましょう!