モテる男になろう!熱血モテる男塾 集中連載第1回ーモテる男の定義ー

ようこそ、当コラムへ。

これを読んだ君達はかなりモテる男になる。

半年後、君のLINEは鳴りやまなくなり、複数の女子達と、ちょいめんどくさいなあ

と思いつつ、モテる男だからしょうがないか、と日々やり取りする事になる。

週末は、沢山の女子達とのデートの予定で埋まり、ちょっとは放っておいて欲しいなあ、モテる男だからしょうがないか、この可愛い奴めと思いながら夜を共にする事になる。

 

ただ、簡単ではない。

モテる男になるためには、血の滲むような努力が必要なのだ。

 

世の中には、●●な男はモテる男。

モテる男は●●をしている、、

などと言った、簡単にモテる男になるためのキャッチコピーが溢れかえっている。

 

よく考えてくれ。この世の中決まった数の男子が決まった数の女子の奪い合いを繰り広げている競争社会だ。

そんな簡単にモテる訳ない。

 

君達が、福山雅治や、速水もこみち並みのルックスを持っていれば、別かもしれない。だが、これを読んでいる君達に神はそんな有利条件を与えていないだろう。

 

だが、安心してくれ。普通の男、もしくは、それ以下の男が、かなりモテる男になる方法論を伝授していこうと思う。

 

まずは自己紹介をしよう。私のスペックは以下だ。

塾長プロフィール

・外資系金融企業サラリーマン

・年収1000万

・顔、中の上。

・彼女が2人、その他新規の女子達からも引き合いが常にある。毎月1人の女子と夜を共にしていて事かかない。経験人数100人から先は数えていない。

 

世の中には、私以上にモテる男、稼ぐ男になっている男性も当然いる訳だから、私以上の世界は分からない、が、君達を私と同程度の状態まで引き上げる事は可能だ。

何故なら私も非モテであり、26歳まで無職であったクズ同然の男だったからだ。

君達に、分かりやすくかつ実戦的なモテる男になる術を授けなくてはなるまい。

それが、私の使命だと思っている。

モテる男の定義

彼女が欲しい、嫁さんが欲しい。

まずは女子と話したい。愛人が欲しい。夜を共にしたいなどなど、色々な悩みがあると思う。

当コラムで語りたいのは、モテる男になる事である。

それ、すなわち、彼女、嫁さんをゲットすることや、夜を共にをする事がゴールではない訳だ。

 

常に、●●さんて、いーよね。と女子達の間で噂が飛び交い、可愛い子がいたら、

今度飲みにでもいこうよ、ってクールに誘えば行きたいなあって女子が思う男であり、

酒飲んだ勢いで夜を共にして終わりではなく、

この人に抱かれたい。と心を許した状態まで女子を仕上げていき、抱ける男。

それをモテる男の定義としたい。

 

沢山の女子を、心から幸せに出来る価値ある男だ。

そして、SEXした後も、またあの夜がこないかな?●●さんに誘われないかな?こっちから誘ってみようかな?と思わす事が出来る価値あるクールな男だと定義しよう。なので、ただ夜を共にしたいだけの男性諸君並びに、彼女、嫁が1人いればいーやと思う男性諸君は退場して頂こう。

 

ただ夜を共にしたいなら、出会い系やら、クラブでナンパするやら、方法論は色々ある。

また、彼女や嫁さんが出来れば良いのであれば、男は将来的な結婚というカードをちらつかせる戦略を取ることもでき、これも方法論は簡単に色々ある。

 

モテる男=心から女子に求められ続ける価値ある男だ。

 

なぜモテる男にならなくてはならないのか?

ここから話さなくてはなるまい。君達は何故モテる男にならなくてはいけないのか?

モテる男を諦めて、ムラムラしたらスマホでアダルト動画を見て自分で処理すれば楽で良いじゃん。

食いたいもの、食いたいだけ食って、お腹出てもよいじゃん。仕事も適当にそこそこしておけばよいじゃん。今はこんな考え方が蔓延していて、当塾もなんとかせねばなるまいと危機を抱いている。

 

敢えて君達に問いかけたい。君達は何のために産まれてきたのか?と。

 

君に流れている地にはご先祖様の沢山の血が流れている。沢山の生命の営みが繰り返され、君が産まれてきたのだ。

 

君は、次の世代に優秀な遺伝子を残していく必要がある、というか、遺伝子を残す事だけが人間も含めた全生物共通の使命であり、そこに善も悪もなくただ、真理しかない。

つまり、沢山の女子達を発情させ、君の遺伝子を残したいと思わせて、オスとしての使命を生きるのだ。ただそれだけだ。シンプルな事だ。

 

もちろん、人間だから、遺伝子を残さないという、唐沢寿明、山口智子の仲睦まじい夫婦感があってもよいだろうし、とことん自分の世界を追求して、モテるという価値観を捨てて生きて行く事もできる。

 

また、遺伝子を残すというととにかく子供を作りまくれば良いのか?という結論に行き着くが、私を含め悲しいかな、世の中のほとんどの男達が、産まれてきた全部の子供達を食いっぱぐれなく、教育を受けさせ、真っ当に育て上げる経済力はない。

せいぜい、2人〜3人が限度である。

 

ビッグダディのように遺伝子をばら撒きまくり、子供達を量産しても、全員に食べたいものを食べさせ真っ当な教育を受けさせる事は少なくとも私には無理だ。

だから、せめて、子供は作らないにせよ、女子達を発情状態まで導く事ができる男でありたいと思う。つまり、常にSEXに困らない状態である。

、、、、言ってる事が、やや遠回しになってしまった、、、、すまない。

 

つーか、モテたら楽しいじゃん!>_<

 

これで良いかもしれない。

モテる男になる。それが男に産まれた使命だ!

 

モテる男になる

楽しい!

もっとモテる男になりたい

努力する

もっとモテる男になる

沢山の女子達とデートをする

もっと仕事頑張って稼がないと!

出世する

収入上がる

努力を続けた事により、人間力が上がり、女子達以外からも注目を浴び出す

自信がでる

もっと沢山の女子達からもモテる

 

君をこの、成功ループに叩き込んで幸せな人生を送ってもらう事を私は目指していきたい。

 

次回からさまざまな角度よりモテル男になるための情報を発信していこうと思う。

さあ我々とともにモテる男になるために旅立っていこう!

 

塾長に恋愛相談、人生の悩みを聞いてみませんか?

要望、感想、何でも受付します。可能な限りお答えできるよう対応します。

お悩み相談は以下まで

メールアドレス:info@glam-s.jp

採用された方は匿名で内WEB上掲載され、回答が届きます。